株式会社シビルソフト開発

製品情報

解析ソフトの取扱い > Wallingford Software InfoWorksシリーズ

InfoWorks SDのキャンペーンについて

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

当キャンペーンは終了しました 多数のお問い合わせを頂きありがとうございました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 


 

ソフトウェアの概要

◆ InfoWorks SD ◆

GIS統合型 雨水排水解析システムを搭載した次世代型シミュレーションソフトウェア

InfoWorks SDは、雨水排水解析に特化した機能を搭載し高速計算を実現したシミュレーションソフトウェアです。

InfoWorksSDでは、管渠と開渠、さらには各種施設を効率的にモデル化することにより雨水排水の解析精度を高めることができます。

また、InfoWorksCSと同様に、二次元不定流解析エンジンと連動させ、地表面氾濫解析を実施することができます。

 

※InfoWorksSDには汚濁負荷解析機能が搭載されていません。

※InfoWorksSDとInfoWorksCSで直接データベースのやりとりはできません。

 

 

 

 

 

 

 

                

 

 

【特 徴】:

   ◆ GIS(Geographical Infomation System:地理情報システム)の統合

      GIS(地理情報システム)機能により、ラスタデータやベクタデータによる地図上でのグラフィカルな入力が可能な

      上、地図情報からの排水区域界線などの要素や土地利用工種等の属性をインポートすることができます。

      背景レイヤーとして地形モデル(TIN地形モデルやグリッド地形モデル)をインポートして排水系統と重ねて表現する

      ことが可能です。

 

   ◆ 優れたデータベース機能

      「マスターデータベース」により排水系統や降雨データなど全ての情報を一元管理しています。

      これにより、排水系統データなどの変更履歴の管理とモデルの監査を分かりやすく行うことができるほか、

      複数の技術者、複数のプロジェクトの同時進行をサポートしてくれます。

 

   ◆ モデル構築ツールの充実

      HydoroWorks、MOUSE、SWIMMといった他の浸水解析ソフトウェアで作成した既存のモデルを直接インポートする

      ことができるほか、CSVファイル、DWGファイル、SHPファイルといったデータをインポートすることでInfoWorksSDの

      排水系統を構築する機能も備わっています。

      また、データで欠損している部分を自動的に推測してデータをセットする機能や損失水頭係数を自動適用する機能

      のほかに、工学的な基準値を基にした入力データのチェック機能も有しています。

 

   ◆ 浸水想定区域図の作成など、ダイナミックな結果表示機能

      シミュレーションの結果はアニメーション表示機能により平面図、縦断図でダイナミックに表現されます。

      このとき、浸水状況や水路内の水理状況、地形起伏状況をテーマを決めて表示設定することで、グラフィカルに

      富んだシミュレーション結果の表現が可能となっています。

      ビジュアル以外では、計算結果を表形式やグラフ、レポート形式といった各種表現方法で分かりやすく提示する

      ことが可能です。

      また、地形モデルを使用した3Dでの立体的に表示する機能や、デジタル地形データに浸水想定区域図を作成する

      機能を有しています。

 

   ◆ 強力なシミュレーションエンジン

      開渠、堰、ポンプ等の各種水理構造物や、ループ状態、分岐といった複雑な排水系統の状況を高速に計算できる

      ほか、水路内の初期水深による貯留量の損失や、自然流下から圧力管へ状態が変化する状況にも柔軟に対応

      した計算エンジンを搭載しています。

      シミュレーションの計算速度が比較的高速となっています。

       (参考:3000ノード合流式のモデルにおいて、1分タイムステップで24時間分のシミュレーションが1分強。

        ただし、計算時間はネットワーク状況やお使いのコンピュータにより異なるのでご注意ください。)

      リアルタイムコントロール機能により、堰や水門、ポンプ場といった水理構造物の複雑な稼動状況の再現も可能と

      なっています。

 

 

 

◆ InfoWorks 2D ◆

地表面氾濫解析モジュール(オプション)

InfoWorks 2D(オプション)は、InfoWorksシリーズのCS、RSおよびSDと連動し、二次元不定流計算による地表面氾濫解析を行います。

これまでの擬似二次元解析とは異なり、与えられた地形形状を基に氾濫解析を実行します。

建物や壁などの障害物を詳細にモデル化した複雑な地形形状も解析可能でであり、得られた結果はGISなどにエクスポートして洪水リスク対策計画などにそのまま活用することが可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               

 

 

 【特 徴】:

   ◆ 一次元解析エンジンとの完全な統合を実現

      都市部や山間部など複雑な地形を流下する地表面氾濫と地下の下水管網との水のやりとりが、一次元と二次元

      を別々に計算させることなく1つのシミュレーションの中でリアルタイムに行われます。

      また、1次元排水系統モデルと連携した解析でも比較的高速に計算を行うこと可能な二次元解析エンジンと

      なっております。

      (計算時間はネットワーク状況やお使いのコンピュータにより異なるのでご注意ください。)

 

   ◆ 既存の一次元モデル内に容易に二次元モデルを作成可能

      一次元モデルと二次元モデルを最初から同時に構築する必要はありません。

      先に一次元のみの解析である程度浸水箇所を特定し、その後にそのエリアを対象として二次元モデルを

      組み込むことでモデルやシミュレーション結果のファイルサイズを小さくし、シミュレーションそのものも効率化

      することが可能です。

      また、1つの一次元モデルに複数の二次元モデルを設定して、1回のシミュレーションで同時に計算することが

      可能となっています。

 

   ◆ 多彩な二次元解析用メッシュの作成・編集ツールを搭載

      二次元解析のメッシュは不定形の三角形を採用しているため、凸凹した複雑な地表面状況を再現することが可能

      となっています。

      メッシュの中にブロックやライン等の要素を追加設定することができ、宅地の塀や道路等、複雑な都市のジオメトリ

      を表現することが可能となっています。

      さらに、1つの二次元メッシュ内に異なる粗度のエリアや、異なるメッシュサイズのエリアを定義することができる

      ため、 「より詳細な溢水の地表面の移動を観察したい地区のみメッシュを細かくする。」といったことが可能と

      なっています。

 

   ◆ 一次元解析と二次元解析の結果を同時に且つグラフィカルに表示可能

      解析結果は、一次元と二次元のものを両方同時に表示することが可能です。

      計算された二次元解析結果は、グラフ、表、アニメーション、テーマ別表示など多彩な表現方法で見せることが

      可能なため、部局内でのプレゼンや地域住民への説明会などに効果を発揮します。

      また、必要に応じてGIS(地理情報システム)やGoogleEarthにエクスポートすることも可能です。

 

              

お問い合わせ

上記アプリケーションに関しては、お近くの弊社営業所(本社・東日本営業所・西日本営業所)までお問い合わせください。

・東日本営業所 03-5833-2405
・西日本営業所 06-6307-1360

 


---