株式会社シビルソフト開発

水道管の構造計算-一体化長さの計算(離脱防止継手・溶接継手・接着継手・溶着継手・離脱防止金具)

  一体化長さの計算では、曲管・丁字管・片落管等の異形管に働く不平均力に抵抗する離脱防止継手や金具を用いた場合の必要な管路一体化長さを計算することができます。

 

 管路一体化長さの計算種別

      

  

     離脱防止継手              溶着・接着・溶着継手

           

   離脱防止金具(水平曲がり)     離脱防止金具(垂直曲がり)     離脱防止金具(垂直2段曲がり)

  

   離脱防止金具(分岐−片側)     離脱防止金具(分岐−全方向)

 

 設計条件

   

・ 管の規格、接合形式、種類および呼び径を指定することにより、あらかじめ登録された管の諸元(外径・管厚・断面二次モ
   ーメント・弾性係数・限界曲げモーメント・限界水圧等)を自動的に設定することが可能。

  

・ 管種毎に必要な土圧条件の入力項目(土と管の摩擦係数、土の単位体積重量、土の内部摩擦角、横方向地盤反力係
   数)を自動的に表示する。

   

・ 離脱防止構造毎に必要な入力項目(曲管角度、管頂までの土被り、曲管に隣接する直管長、丁字管に隣接する直管長)
   を自動的に表示する。
・ 離脱防止金具の水平曲がりおよび分岐−全方向の計算の場合、背面の受動土圧を見込んだ計算が可能。
・ 任意の複数の検討地点(測点)を設定することが可能なため、パターンの異なる「管路一体化長さ計算種別」を設定し、一
   括計算することが可能。
・ 本管より分岐する支管の管体諸元(外径・管厚・断面二次モーメント・弾性係数等)を、管の規格、接合形式、種類および
   呼び径を指定することにより、あらかじめ登録された管の諸元を自動的に設定することが可能。

  

・ 離脱防止構造毎に必要な計算条件(管内の設計水圧、円形断面による減少率、許容安全率、許容移動量、軸力・横力
   計算の際に仮定する一体化長さ、軸力・横力計算の際に仮定する一体化長さが足りない場合に自動的に追加する一体
   化長さ間隔)を自動的に表示する。
・ 不平均力を計算する管径を「管外径」または「管内径」から選択することが可能。

 

 結果出力

   

・ 計算結果を画面により確認可能。
・ 計算結果を、報告書形式で出力することが可能で、Microsoft Office Wordへの出力も他のCivil Softシリーズと同様にサ
   ポート。

 

「水道管の構造計算」の概要へ戻る