株式会社シビルソフト開発

水道管の構造計算-管の構造計算(硬質塩化ビニル管・鋼管・ポリエチレン管・ダクタイル鋳鉄管)

  管の構造計算では、内水圧、土圧、活荷重によって生じる管の応力、たわみ率および変形率に対して、安全な管種および継手構造を選択することができます。

 

 設計条件

   

・ 管の規格、接合形式、種類および呼び径を指定することにより、あらかじめ登録された管の諸元(外径、管厚、断面二次モ
   ーメント、断面係数、許容応力等)を自動的に設定することが可能。

     

・ 土圧算出式として、「鉛直土圧式」または「マーストン(溝型)公式」から選択することが可能。
・ 最小土被り、最大土被りおよび土被りピッチを指定することにより、複数の土被りに対する安全性照査を行うことが可能。
・ 任意の複数の土被りを設定することにより、区間(スパン)毎に対する安全性照査を行うことが可能。

   

・ 管に作用する活荷重は、T荷重種類を指定することにより、あらかじめ登録されたT荷重に対する後輪荷重、車輪設置幅、
   車両占有幅、分布角を自動的に設定することが可能。
・ 活荷重(自動車荷重)の算定式は、道路土工カルバート工指針の式、ブーシネスク式、任意の等分布荷重から選択するこ
   とが可能。また、鋼管に関しては、さらにKoglerの分散角法による式を選択することが可能。

   

・ 基礎支承角を指定することにより、自動的に「基礎支承角により定まる係数」が設定することが可能。

 

 照査

水道用硬質塩化ビニル管
   最高許容圧力と許容曲げ応力度より必要管厚を求めて、内圧に対する管の安全性を照査する(任意選択)。
   土圧および活荷重による管頂・管底での発生応力と管のたわみ率を求めて、外圧に対する管の安全性を照査する。
水道用鋼管
   内圧により発生する応力を求めて、内圧に対する管の安全性を照査する。
   土圧および活荷重による管底での発生応力と管の変形率を求めて、外圧に対する管の安全性を照査する。
水道用ポリエチレン管
   使用圧力と水撃圧を合わせた内水圧により発生する応力を求めて、内圧に対する管の安全性を照査する。
   土圧および活荷重による管頂・管底・管側での発生応力と管のたわみ率を求めて、外圧に対する管の安全性を照査す
   る。
水道用ダクタイル鋳鉄管
   静水圧、水撃圧の内圧と土圧、活荷重の外圧を同時に作用した場合の必要管厚を求めて、管の安全性を照査する。

 

 結果出力

   

・ 計算結果を画面により確認可能。
・ 計算結果を、報告書形式で出力することが可能で、Microsoft Office Wordへの出力も他のCivil Softシリーズと同様にサ
   ポート。

 

「水道管の構造計算」の概要へ戻る